駅ナカでハラール弁当の提供開始 JR東日本リテールネット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株式会社JR東日本リテールネット(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大和田徹)は、同社がエキナカにて運営するお弁当専門店「膳まい」においてハラール弁当の販売を開始した。ムスリムの訪日外国人観光客に向けた商品となる。

ハラール弁当2種を販売

今回のハラール弁当は「ケバブ弁当」と「トルコ BENTO」の2種類を用意した。いずれもイスラム教の教えで食べることを禁じられている豚肉やアルコール等を一切使わずに、ハラール認証のもとで調理されている。ハラール認証については、日本アジアハラール協会が発行する「ハラール認定証」を取得しており、店舗内に掲出されている。

お弁当の中身

ケバブ弁当は税込み980円で、ビーフドネルケバブ・チキンシシケバブのケバブが2種類と、ピラフ、デザートのドライアンズが入ったお弁当となっている。

ケバブ弁当

プレスリリースより

一方、トルコ BENTOは税込み1100円で鶏挽肉の柔らかいミートローフにポテトとチーズをのせて焼き上げたもの、及び2種類のピラフ、トルコ料理の副菜5種類を詰め合わせたお弁当となっている。

トルコ弁当

プレスリリースより

拡大を続けるインバウンド市場においても存在感が増しているムスリムの方々に向け、エキナカでの食の選択肢を提供する。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. ビジットジャパンロゴ
  2. 第一興商ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る