SIMカードを台湾セブンイレブン5,000店舗超で販売 IIJ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝栄二郎)はプリペイド型のSIMカード入りパッケージ「Japan Travel SIM」を台湾セブンイレブン全店舗において販売開始する。

5,000店舗超の店舗にて販売

「Japan Travel SIM」はあらかじめ高速通信用のデータ量が含まれたデータ通信専用のSIMカード入りパッケージ。今回は台湾最大のコンビニエンスストアである台湾セブンイレブンの全店舗、5,045店(2016年4月末現在)にて販売を行う。販売は7月18日からで、価格は780台湾ドルとなっている。

ジャパントラベルSIM画像

訪日後すぐに利用可能

Japan Travel SIMは台湾セブンイレブンの店頭に設置されたマルチメディア端末で購入手続きを行い、後日、指定した店舗でパッケージを受け取る。購入者は訪日前にSIMカードを挿入し、本体の設定を済ませることができ、日本到着後すぐにデータ通信を行うことができる。尚、利用期間は30日間となっている。拡大するインバウンド市場において、モバイル通信サービスの利便性を向上する。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る