大分ケーブルテレコムが訪日客拡大を狙い中国のTV局と提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大分ケーブルテレコム株式会社 (本社:大分県大分市、代表取締役社長:中谷博之) は中国・湖北省武漢市にある武漢広播テレビ局との「友好的な協力に関する協定」を締結した。

大分ケーブルテレコム調印式サムネ

武漢市は人口約1,022万人(2014年人口調査)をようする、大分市の友好都市。本協定により、両社は今後相互の人的及び知的資源等を活用し、友好的な交流や協力関係を拡大させていく。具体的には相互の番組交流、選出された番組の相互放送、共同での撮影プロジェクト、相互社員研修などを協力事項として定めている。

大分ケーブルテレコムではこれらの活動を通じて大分県への訪日外国人旅行者の増加、並びに地域の活性化に貢献していく。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. ビジットジャパンロゴ
  2. 第一興商ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る