外貨を電子マネー等に交換する端末を福岡空港に設置 ポケットチェンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株式会社ポケットチェンジ(本社:東京都港区、代表取締役:青山新)は16日、外国硬貨・紙幣を、電子マネーなどに交換できる端末を福岡空港に設置、サービスを開始したことを発表した。

今回サービスが開始されたのは、海外旅行で余った外国通貨・紙幣を投入することで、電子マネーや各種ギフトコード、クーポンなどに交換できる「ポケットチェンジサービス」。交換は専用のキオスク端末を用いて行う。

ポケットチェンジ実機画像

プレスリリースより

同機は、福岡空港国際線ターミナル1階の到着口付近に設置された。今回の導入は、2017年2月より運用が開始された羽田空港国際線ターミナルに続き、国内2箇所目の導入となる。

ポケットチェンジ設置場所

プレスリリースより

同社によると、福岡空港の2016年の国際線利用者数は前年実績比10.5%増加の514万人で、訪日外客数増加に伴い急増している。また、福岡空港は中国や韓国などのアジア各国を結ぶ路線利用が多く、日本人だけでなく、訪日外国人のサービス利用も見込むことができる。

同サービスは、日本円、米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォンの5通貨に対応しており、WAON、楽天Edy、Amazonギフト券、LINEギフトコード、WeChat、楽天スーパーポイント(※「台湾楽天市場」でのみ利用可能)など約20種類の電子マネー等に交換が可能。専用端末は、多言語仕様で、日本語、英語、中国語(繁体/簡体)、韓国語の5パターンでの表示が可能。

ポケットチェンジは、外国通貨のスムーズな交換を目指し、引き続き、更なるサービスの拡大と各種関連サービスの展開に努める。

同サービスは2017年6月16日より開始されている。また、福岡空港へのサービス導入を記念し、専用クーポンコードの入力で優遇交換レートが適用されるキャンペーンを6月末まで実施すると発表している。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. フルスピード主催インバウンドセミナー
  2. 京都府コーナー1
  3. インバウンドジャパンロゴ
  4. ABCチェックイン説明
  5. インバウンドジャパンロゴ
  6. 住友不動産
  7. 和傘のイメージ
  8. セントレアモバイル決済サービスの様子
  9. 目覚まし画像
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

  1. フルスピード主催インバウンドセミナー
  2. インバウンドジャパンロゴ
  3. 和傘のイメージ
  4. セントレアモバイル決済サービスの様子

2015年の市場まとめ

  1. 2016-1-19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016-1-20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る