埼玉県で「産・学・官」連携によるハラル化粧品が誕生

株式会社グレート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:村松眞智子)は、埼玉県の「産・学・官」連携で誕生した“メイド イン ジャパン”のハラル認証化粧品「Melati(メラチ)」3種を8月19日より発売する。

埼玉発「産・学・官」連携のハラール化粧品の開発・製造・販売

化粧品の開発は2014年から埼玉県保健医療部薬務課、城西大学薬学部、埼玉県化粧品工業会によってつくられた「ハラール化粧品原材料等研究開発コンソーシアム」が主導し、ハラール認証対応等が実施された。 「Melati」は開発支援を受けた石田香粧株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:石田尚志)が製造し、販売は株式会社グレートが総販売元となる。ハラール認証は2016年7月21日に日本イスラーム文化センターより取得した。

Melatiについて

Melatiは、インドネシア語でジャスミンを意味し、ジャスミンのようにムスリムの人に愛されることを願って名付けられた。成分としてはイスラム教で禁止されている豚由来成分と、アルコールを一切排除して作られているほか、成分の製造工程も厳しいチェックを経て製品化されている。開発においては、ムスリム女性の一日五回の礼拝時のメイク落とし、メイク前のスキンケアの必要、ヒジャブで覆われていない部分の日焼け予防を考慮。「メイクアップリムーバー」は、メイクアップ落としと化粧水を合わせていて、120mlで税別2800円。「ホワイトジェル」は、化粧水・乳液・美容液の機能を持つオールインワンジェルクリームで、100mlで税別3800円。「UVケアクリーム」は、日焼け止め用のクリームで、30mlで税別3400円となっている。

melatiイメージ

今後の展開

Melatiは国内市場で訪日外国人観光客がショッピングをするドラッグストアやホテルのアメニティなどに展開し、その後、ムスリム人口の多い東南アジアや中東へ、Made in Japanのブランド化粧品として売り出していく予定だ。まずは拡大するインバウンド市場においてムスリムの人々にMade in Japanのハラール化粧品を届ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. jnto_logo
  2. japanweeklogo
  3. 鉄道4社局ロゴ
  4. jnto_logo
  5. 成田国際空港ロゴ
  6. 不二家ロゴ
  7. 西日本鉄道ロゴ
  8. ローソンロゴ
  9. 東武鉄道 ロゴ
  10. デュアルハンコ
インバウンドビジネス総合展
インバウンド動画

注目記事

  1. jnto_logo
  2. 鉄道4社局ロゴ
  3. jnto_logo
  4. ソニーペイメントサービスサムネイル

2015年の市場まとめ

  1. airplane (2)

    2016/1/19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016/1/20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る