2016年春節における中国人観光客の買い物動向 トレンドExpress

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ホットリンクグループの株式会社トレンドExpress(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 桧野安弘、以下 トレンドExpress)は2016年の春節における訪日中国人消費動向についての分析結果を発表した。

今回は2016年2月7日から13日の春節期間に新浪微博上にて「●●を買った」という口コミ56,338件を集計。昨年と比べると実に約4倍の口コミ件数となっており、引き続き日本旅行が注目されていることが確認できる。それら口コミによると、訪日中国人が日本で購入したもののトップ3は「医薬品」「化粧品」「生活用品」となった。昨年は「医薬品」「化粧品」「温水洗浄便座」がトップ3となっていたが、「温水洗浄便座」は大きくランクを落とした。

また、「服飾」や「靴下・下着」が大きくランキングを上げている。これらグッズは自分の好みのものを探したり購入に至るまで比較的時間がかかる、という考え方から、トレンドExpressではこの動きを「団体旅行から個人旅行へのシフトの影響」とみている。さらに、健康食品やベビー用品がトップ5に新たにランクインしていることからも、引き続き日本の安心を購入対象として見ている層が多いことも確認できる調査結果であった。

ホットリンクランキング

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る