Pepperが鳴門海峡のうずしおを解説 世界遺産登録推進を応援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ジョイポート南淡路株式会社(本社所在地:兵庫県南あわじ市、代表取締役社長:鎌田勝義)はインバウンドの対応強化策の一環として人型ロボットのPepperを導入する。増え続ける訪日外国人をおもてなしし、鳴門海峡のうずしおの世界遺産登録推進も後押しする。

今回導入されるPepper『うずしおロボット』は3月19日に道の駅福良などに設置される。対応言語は日本語、英語、中国語の3か国語。うずしおのメカニズムや見どころの説明、並びにうずしおクルーズの乗船案内などを行う。

今後はシステム会社と連携してうずしおロボットの活用を高度化する一方、各種イベントなどでうずしお世界遺産登録のPRを行っていく。尚、今回のうずしおロボット導入に際し、ジョイポート南淡路は3月15日に道の駅うずしおクルーズなないろ館にてデモンストレーションを実施する。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. ビジットジャパンロゴ
  2. 第一興商ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る