インバウンド向けタブレット活用免税販売システムを開発 大日本印刷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大日本印刷株式会社(本社:東京都新宿区、社長:北島義俊、以下:DNP)はインバウンド市場向けにタブレットを活用する免税品販売支援システムを開発した。2016年の3月より販売を開始している。

当システムでは、訪日外国人はタブレット上に自国語で表示された商品から購入したい商品をまずは選択する。すると、タブレットと接続されたプリンターから商品購入権が出力される。商品購入権には選択された言語にて、商品バーコードや購入数量等が印字されており、旅行者はその商品購入券をレジに持っていくだけで商品を購入できる。

当システムは日本語、英語、中国語(繁体字/簡体字)、韓国語に対応しており、店舗のニーズ次第では他の言語への対応も可能。DNPでは、「当システムは多言語に対応しているので、各言語が話せるスタッフを売り場に多く配置する必要がなくなる。そのため、店舗の負荷を軽減できる。」としている。また、タブレット上にて商品を選択・購入できるため、商品現物を店舗に陳列する必要がなく、店舗スペースの有効活用にも繋がる、としている。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. ビジットジャパンロゴ
  2. 第一興商ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る