東京より大阪が熱い!?エクスペディアによる2015年上半期調査結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

expedialogo世界最大のオンライン総合旅行会社であるエクスペディアの日本語サイト、エクスペディアジャパンは2015年上半期のインバウンド状況についての調査結果を発表した。

まずは2015年上半期でのインバウンド伸び率を見てみると、世界から日本への旅行客は前年比で約2倍の190%となっている。そして同期間でのアジアから日本への旅行客でみてみると、約2.5倍の246%となっている。エクスペディアでは、「円安により日本への旅行が金銭的に行きやすくなり、更にLCCの増便で各都市へのアクセスが良くなりました。あわせて、各都市で様々なインバウンド施策を打ち出し、地方の認知もあがってきています。」とその要因を分析している。昨今のインバウンド市場の盛り上がり要因が同期間も継続して影響しているということだ。

 

次に人気の都市ランキングをみてみると、インバウンドランキングでの上位常連である韓国、台湾、香港においては東京よりも大阪のほうが人気があるという。訪日外国人数の伸び率を比較しても、東京が前年比168%なのに対して大阪が200%という。

 

エクスペディアはこれらの国々が大阪を好む理由として、物価の安さ、食の好みがあう(味が濃い)、商店街の多さ、大阪城人気、京都や神戸が近い、といった要因をあげている。

又、地方都市への訪日外国人数についても触れており、対前年比での伸び率をみてみると、沖縄、札幌、福岡、名古屋が上位地域となっている。各地方都市のインバウンド対策が少しずつ影響しているようだ。

※画像はすべてプレスリリースより

今回の発表はOTAでの予約数をベースとしているため、JNTOが発表する訪日外客数総数での比較とは違った見方となるが、訪日外客数の嗜好や今後の傾向を探る上で貴重なデータとなりそうだ。

エクスペディアによるプレスリリースはこちら

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. セミナーサムネイル
  2. フルスピード主催インバウンドセミナー
  3. 京都府コーナー1
  4. インバウンドジャパンロゴ
  5. ABCチェックイン説明
  6. インバウンドジャパンロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

  1. フルスピード主催インバウンドセミナー
  2. インバウンドジャパンロゴ
  3. 和傘のイメージ

2015年の市場まとめ

  1. 2016-1-19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016-1-20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る