国内初!ゲスト用無料貸出スマホhandyを導入 ロイヤルパークホテル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株式会社ロイヤルパークホテル(所在地:東京都中央区、総支配人:笹井高志)は1日、国内ホテルとして初めて、ゲスト用専用端末「handy」の導入を決定したと発表した。

「handy」は世界17カ国 600以上のホテルで採用されているゲスト専用の無料貸出端末。日本国内ではhandy Japan 株式会社(代表取締役社長:勝瀬博則、所在地:東京都)が事業を展開しており、今回のロイヤルパークホテルがホテルとして初導入となる。宿泊客は無料で国際電話を含む通話やインターネットサービスを利用できるほか、周辺観光情報を収集したり、ホテルとのコミュニケーションツールとしてhandyを活用することが可能。ロイヤルパークホテルでは2020年の東京オリンピック・パラリンピック、さらにその先を見据えたインバウンド対策として導入を決定した。

handyイメージ

プレスリリースより

ホテル宿泊客は「handy」を自由に持ち出すことが可能となっているので、ホテル滞在期間であればリアルタイムにどこにいても情報収集が可能となり、これによって情報感度の高いビジネスパーソンや、リアルタイムな情報を現地で求める訪日外国人観光客のニーズを満たせると同社は考えている。また、導入ホテルは広告媒体としての利用や、ホテル情報・周辺観光情報を配信することでコンシェルジュとしての役割をより一層満たすことができる。更に、災害などの有事の際においても即時に情報を受信することができるため、慣れない土地で行動するゲストにも安心を届けることが可能になると同社は予測している。

「handy」はロイヤルパークホテル全客室にて2017年7月1日(土)より提供が開始される予定。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

  1. フルスピード主催インバウンドセミナー
  2. インバウンドジャパンロゴ
  3. 和傘のイメージ

2015年の市場まとめ

  1. 2016-1-19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016-1-20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る