インバウンドニュースまとめ読み|2015/12/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2015年12月21日のインバウンド関連ニュースヘッドラインまとめ読みです。今日は18件です。

特に気になった今日のインバウンド観光市場ニュース

伊香保の浴衣 一覧に

渋川署は、伊香保温泉(渋川市)で宿泊先がわからず迷子になった団体客や外国人観光客を素早く案内するため、ホテルや旅館の浴衣の写真を一覧にしたファイルを作成した。着ている浴衣から宿泊先を特定して送り届けるほか、事件に巻き込まれた際は身元確認の迅速化にも活用する。

典拠:YOMIURI ONLINE

え、迷子になった外国人観光客の方を、着てる浴衣で旅館を判断して、旅館まで道案内?

なんと素敵な取り組みでしょう!!確かに、外国人観光客からすると自分が泊まっている宿の名前を忘れている人はたくさんいらっしゃるでしょうし、また、浴衣という日本の伝統的な衣装に助けられる、という体験は旅の良い思い出にもなるのではないでしょうか? (かといって好んで迷子になる人はいないでしょうが・・・) 

そういえば先日、筆者が茨城県の呉服屋さんを訪れた際、浴衣、着物の色々な柄のもつ意味について教えていただく機会がありました。とても奥が深く、大変興味を持ちました。例えば「トンボ柄には勝運がある」(トンボは決して後ろ向きに飛ばず、常に前進あるのみだから、というのが理由)、など。

伊香保の地で、道案内されている外国人観光客の方に交番の方が「あなたの着ている柄には●●●という意味があるんだよ」なんていう会話が繰り広げられると、なんだか素敵じゃありませんか?

今後、外国人観光客の増加に伴い、こういったセキュリティ面での取り組みもたくさん出てくることに期待したいです。

それでは、このニュースも含めて、本日のインバウンドニュースヘッドライン一覧です。

インバウンドニュースヘッドライン一覧 (18件)

  1. 博多港整備に7億円 クルーズ対応強化 長崎港には2億円
  2. 山梨)接客英語、学生が指導 東京五輪へ準備
  3. 伊香保の浴衣 一覧に
  4. 仙台の強みと弱み 外国人ら意見交換
  5. 訪日客地方誘致に100億円計上へ 環境整備事業、16年度予算案
  6. 訪日外国人向けにミナミ安心マップ
  7. 「オニツカタイガー」国内最大の直営店が大阪・心斎橋にオープン
  8. ロイヤルHD/浅草にリッチモンドホテルをオープン
  9. シダックスとビックカメラ、訪日外国人向けの「シダックス新宿セントラルロードクラブ×ビックドラッグ」をオープン
  10. 海外・インバウンドWiFiのビジョンがマザーズ上場、初値11%高に
  11. 昭文社、ガイドブック「ことりっぷ唐津」のインバウンド版を佐賀県唐津市から受注
  12. 「ZEKKEI Japan」を運営するトレンダーズ、 海外の国別ユーザーリアクションの予測ツールを提供開始 インバウンドコンテンツマ
  13. トランスコスモス、「多言語コンタクトセンター」を構築し、サービスを強化
  14. Yummy Japan、DAC、ホットリンクの3社が業務提携 ~中国向けインバウンド動画プロモーションサービスを提供開始~
  15. マインドパレット、インバウンド向け動画プロモーションサービスを開始
  16. 昭文社、国別ニーズ対応訪日メディア「DiGJAPAN!」オープン
  17. 国土交通省、2015年度補正予算でETC2.0の大口・多頻度割引50%を延長
  18. バラエティー豊かな御朱印帳がブームけん引 インバウンドへ可能性も
メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. フルスピード主催インバウンドセミナー
  2. 京都府コーナー1
  3. インバウンドジャパンロゴ
  4. ABCチェックイン説明
  5. インバウンドジャパンロゴ
  6. 住友不動産
  7. 和傘のイメージ
  8. セントレアモバイル決済サービスの様子
  9. 目覚まし画像
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

  1. フルスピード主催インバウンドセミナー
  2. インバウンドジャパンロゴ
  3. 和傘のイメージ
  4. セントレアモバイル決済サービスの様子

2015年の市場まとめ

  1. 2016-1-19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016-1-20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る