アウトバウンド消費・支出が多い国は?

インバウンド消費が盛り上がり続ける日本。今や、消費増税を引き金とした国内消費の停滞感を下支えしているとも言われております。 しかし、日本が他国からの旅行者から受け取るインバウンド消費は、グローバルでみるとトップ10ランク外。 トップである米国の10分の1であるという驚きの数字を前回の記事(インバウンドで一番収入が多い国は?)では取り上げました。 それでは逆に、アウトバウンド、つまり自国民が海外を訪れた際の消費金額ではどうでしょうか? ランキング形式でお伝え致します。


 

2013年旅行支出ランキング

1 中国 1,286億ドル
2 米国 862億ドル
3 ドイツ 859億ドル
4 ロシア 535億ドル
5 イギリス 526億ドル
6 フランス 424億ドル
7 カナダ 352億ドル
8 オーストラリア 284億ドル
9 イタリア 270億ドル
10 ブラジル 251億ドル

※金額は為替次第で変動 ※出展:世界観光機関 ご想像の通りかもしれませんが、中国が頭一つぬきんでて1位です! 東京の銀座や大阪の心斎橋で、中国の方が高級品の紙袋を両手に持ち歩いている光景はよくみかけますよね。 消費だけがインバウンドの意義ではありませんが、少なくとも経済的な視点にたてば、これらランキング国の方々をいかに日本に誘致するかということも課題の一つとなります。 (※ここでは一人当たりの消費金額は割り出さず、国単位でのトータル金額を表示しております) 別の記事(2014年に最も日本を訪れた国民は?)で確認した日本への訪問者数ランキングと照らし合わせてみると、旅行支出額トップ10の内、3か国(中国、米国、オーストラリア)のみが日本への訪問者数ランキングトップ10に入っております (2013年と14年の違いはあります)。 各国の趣味嗜好によって求められる観光資源は違いますが、多様性がある日本の地方の魅力をうまく発信できれば、これらランキング国を誘致するチャンスはまだまだあると感じます。 尚、日本の2013年旅行支出は219億ドルでトップ10圏外となっておりました。 今回は2013年の旅行支出額のデータを追ってみました。 インバウンド誘致に取り組まれる際の重要なステップである「ターゲット国選定」時に頭の片隅に置いておかれるとよいかもしれませんね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. jnto_logo
  2. japanweeklogo
  3. 鉄道4社局ロゴ
  4. jnto_logo
  5. 成田国際空港ロゴ
  6. 不二家ロゴ
  7. 西日本鉄道ロゴ
  8. ローソンロゴ
  9. 東武鉄道 ロゴ
  10. デュアルハンコ
インバウンドビジネス総合展
インバウンド動画

注目記事

  1. jnto_logo
  2. 鉄道4社局ロゴ
  3. jnto_logo
  4. ソニーペイメントサービスサムネイル

2015年の市場まとめ

  1. airplane (2)

    2016/1/19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016/1/20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る