中国銀聯も利用できるATMを福島空港に設置 セブン銀行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株式会社セブン銀行(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:二子石謙輔)は増加する訪日外国人旅行者からの利用も見据え、株式会社東邦銀行(本店:福島県福島市、頭取:北村清士)と共同で福島空港にATMを設置する。

今回設置されるATMは、6月17日に福島空港のターミナルビル1階に設置される。590社以上にのぼる国内提携金融機関のカードの他に、海外で発行されたキャッシュカードやクレジットカードも利用でき、日本円を引き出すことが可能。具体的にはVISAやMasterCardに加え、中国銀聯カードも対象となる。更に、国際基準に則ったICカード対応や、システムによる取引の監視なども実施する。

福島空港では国際チャーター便が運航していることもあり、空港利用者の利便性向上につながると期待されている。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

  1. フルスピード主催インバウンドセミナー
  2. インバウンドジャパンロゴ
  3. 和傘のイメージ

2015年の市場まとめ

  1. 2016-1-19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016-1-20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る