東京メトロが上野駅に英語・中国語対応の旅客案内所を新設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

東京メトロ(本社:東京都台東区 社長:奥義光)は12月1日、訪日外国人の利用も多い上野駅に旅客案内所を新設する。

東京メトロでは現在、銀座駅・新宿駅・表参道駅・渋谷駅に旅客案内所を設置しており、上野駅で5カ所目の設置となる。これまで以上に外国人利用者への対応を向上させる為、英語及び中国語での案内が可能なスタッフを配置する。更に、駅周辺の観光スポット等の情報も充実させていくことで、「上野の街の案内役」としての機能も充実させていく方針。

また、同案内所では訪日外国人限定で「Tokyo Subway Ticket」の販売も取り扱う。Tokyo Subway Ticketは東京メトロ線全線、都営地下鉄線全線を自由に利用することができ、有効時間24時間(大人800円)、48時間(大人1,200円)、72時間(大人1,500円)の3タイプが用意されている。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. インバウンドジャパンロゴ
  2. ABCチェックイン説明
  3. インバウンドジャパンロゴ
  4. 住友不動産
  5. 和傘のイメージ
  6. セントレアモバイル決済サービスの様子
  7. 目覚まし画像
  8. onlylady
  9. 調印式の様子近鉄・台鉄
  10. 路線図イメージ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

  1. インバウンドジャパンロゴ
  2. 和傘のイメージ
  3. セントレアモバイル決済サービスの様子
  4. 路線図イメージ

2015年の市場まとめ

  1. 2016-1-19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016-1-20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る