自動販売機の商品情報を多言語で提供 ポッカサッポロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:國廣喜和武)はインバウンド市場に向けて、自動販売機の商品情報を多言語で取得できるアプリケーションの導入を開始する。

商品画像から商品情報を多言語で取得

7月末よりテスト展開を開始するこの新しい取り組みは訪日外国人の利便性向上を目的としている。利用の手順としては、まずは専用のアプリ「SkyDesk Media Switch」(富士ゼロックス株式会社提供)をスマートフォンにインストールする。その後アプリ上での設定を経た上で、自動販売機のダミー商品の正面デザインを撮影することで多言語での商品情報を入手できるという流れ。2回目以降はアプリを立ち上げるとカメラの起動画面になり、すぐに商品の撮影と情報入手が可能になる。尚、今回の取り組みでは英語、中国語簡体字、中国語繁体字、韓国語、日本語の5か国語が対応言語となっている。

 

自動販売機は日本の文化だが分かりづらさも

ポッカサッポロフード&ビバレッジでは飲料自動販売機が日本固有の文化として訪日外国人の間でも注目されていることを認識しており、利便性向上のために多言語ステッカーを貼るなどの対応を実施してきている。しかし一方で、各商品の商品情報を多言語で伝えることは簡単ではなく、結果として外国人の購入意向に結びついていないと推察していた。こういった背景が今回の取り組みに結びついている。拡大するインバウンド市場において、自動販売機で物珍しさを提供するだけではなく、具体的な商品販売の機会提供と利便性の向上に貢献していく。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. 京都府コーナー1
  2. インバウンドジャパンロゴ
  3. ABCチェックイン説明
  4. インバウンドジャパンロゴ
  5. 住友不動産
  6. 和傘のイメージ
  7. セントレアモバイル決済サービスの様子
  8. 目覚まし画像
  9. onlylady
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

  1. インバウンドジャパンロゴ
  2. 和傘のイメージ
  3. セントレアモバイル決済サービスの様子
  4. 路線図イメージ

2015年の市場まとめ

  1. 2016-1-19

    2015年訪日外国人観光客数は1973万7千人!インバウンド統計値と推移まとめ。

  2. カードとキャッシュ画像

    2016-1-20

    2015年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円!インバウンド消費統計と推移

ページ上部へ戻る