東京メトロ 自動券売機等の案内言語を6言語に追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

東京メトロ(本社:東京都台東区 社長:奥 義光)は、2017年3月末までに東京メトロ各駅の「自動券売機」「自動精算機」の案内言語にフランス語・スペイン語を追加する。

言語選択画面

同社は近年増加している訪日外国人客に対し、きっぷやPASMOの購入、ICカードへのチャージ、精算等を分かりやすく利用してもらう為、対応言語を新たに追加する。

現在日本語・英語・中国語(繁体字・簡体字)・韓国語に加え、フランス語、スペイン語が加わり、合計6言語での案内が可能となった。また、2018年春にはタイ語を追加する予定だ。

今後も同社は都営地下鉄と共同で取り組んでいる「次世代券売機」の開発などを通じて、増加する訪日外国人客への利便性向上に向けた取り組みを行う予定。

メルマガ登録スマホ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

新着記事

  1. JR九州ロゴ
インバウンド動画
メルマガ同六

注目記事

2018年の市場まとめ

  1. 2018-11-27

    訪日外客数から見るインバウンド市場動向 2018年10月

  2. 2018-11-30

    日本百貨店協会が平成30年10月分の売上高概況を発表

ページ上部へ戻る